2016年9月11日日曜日

エスペラント合宿 en大阪

92日から5日にかけて、大阪府の長居ユースホステルにて青年エスペラント合宿が行われました。昨年に続き第2回となる今年の合宿では、参加者8名中、企画者S氏を除く7名は京大エス研、東北大エス研、一橋エス研所属の学生で、とても若々しいメンバーでした。(北大エス研からも参加予定でしたが、体調不良により欠席でした。) 合宿のプログラムは、毎年アジアの若者が持ち回りで開催している東アジア青年セミナー(以下KS)が意識され、本年度の大阪KSの予行演習のようでした。

初日の夕刻集合し最終日の朝解散という日程だった為、およそ一日半という短い時間ではありましたが、親睦を深めるためのゲーム、グループに分かれての出し物や、Paradizoという名の飲み会に、花火に観光と盛り沢山の内容でした。参加者は日本語の母語話者のみだった為、会話には主に日本語が用いられましたが、ゲームの説明にエスペラントと日本語を両方用いる等、エスペラントに触れるよう工夫が施されていました。

少子高齢化の波に襲われている日本のエスペラント界にとって、若者が同年代の学習者と触れ合う事は決して容易な事ではありません。近年、Paŝoや東京学生勉強会など交流の場は増えていますが、やはり今回の合宿のように、同年代のエスペランティストと集う機会は、若者のモチベーションを保ち、孤立化を防ぐ為にも大切な機会となるでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿